節分の日   2012-2-3

節分の日、還暦厄除けのお礼参りに清荒神へ行ってきました。
d0163073_15525928.jpg

「大福火」を炊いてその火にあたって福を授かるという風習があるようです。
d0163073_161475.jpg

新しい火箸を買い求め昨年の分とともに奉納いたします。
d0163073_163895.jpg

d0163073_1634582.jpg

d0163073_1663579.jpg

本堂
d0163073_1675649.jpg

d0163073_168214.jpg

昼ごはんは参道にあるお蕎麦屋さんへ
d0163073_1693950.jpg

d0163073_1610916.jpg

蕎麦の美味いお店です。清荒神参道にあります。






人気ブログランキングに参加しました。クリックお願いします
人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by ハル at 2012-02-05 00:03 x
 厄除けのお礼参りに行けたのはよかったですね。「大福火」の風習は知りませんでした。火にあたって福を授かるというのはありがたい事だと思います。
Commented by 鬼太郎 at 2012-02-06 09:30 x
清荒神にも行けば、いろいろな行事があるのですね。それぞれの特徴を出しているのは、おもしろいです。
Commented by kozosanndasu at 2012-02-06 22:44
ハルさんへ
大福火は節分の日のみ行われる行事とのことです。したがって年1回のみです。歳を重ねるとはこういうことなのかと思う昨今です。年に1回とか2回とか、こういった行事に、あと何回行けるのか、と思うと日々を大事にしようと思う気持ちが芽生えます。お寺はこういうところなんですね。
Commented by kozosanndasu at 2012-02-06 22:50
鬼太郎さんへ
荒神さんが昔も今も、賑やかなのは、日々の積み重ねなんだと、思います。神社仏閣を参拝していてこの頃思うことです。
by kozosanndasu | 2012-02-03 16:17 | Comments(4)

あらかんの日常生活


by kozosanndasu