中西遺跡18次調査現地説明会 11月12日

昨日の雨が2400年前の水田に残り、タイムスリップしたようです。奈良県御所市の中西遺跡で弥生時代前期(約2400年前)としては全国最大となる約2万平方メートルの水田跡が確認されました。
d0163073_16461279.jpg

d0163073_16464024.jpg

d0163073_16472146.jpg

現地説明は水田の高台で行われました。
d0163073_16481154.jpg

d0163073_1649828.jpg

d0163073_16495558.jpg

d0163073_16505489.jpg

d0163073_16512271.jpg
d0163073_16514111.jpg
d0163073_16515957.jpg
d0163073_16522272.jpg

d0163073_16531780.jpg
d0163073_16532831.jpg

出口
d0163073_16543748.jpg

最寄りの駅は、近鉄御所駅が便利です。JR玉手駅が一番近いんですが、電車の本数があまりありません。
11月半ばというのに随分と暑い一日でした。


人気ブログランキングに参加しました。クリックお願いします
人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by ハル at 2011-11-12 22:03 x
 とても広い水田跡ですね。写真を見て驚きました。いろいろな物が出土していて、考古学愛好家には随分有名な遺跡なんでしょう。まったく知りませんでした。
Commented by kozosanndasu at 2011-11-13 22:21
ハルさんへ
今回の発見は、単なる初期農耕の解明だけでなく、邪馬台国畿内説の礎になるかもわかりません。重要な発見だったと思います。
Commented by 鬼太郎 at 2011-11-15 22:49 x
こんなにも広い水田を、人間の力だけで耕すのは、本当に大変そうですね。邪馬台国畿内説につながる可能性があるのは、面白いです。
Commented by kozosanndasu at 2011-11-15 23:06
鬼太郎さんへ
高速道路のインターチェンジ工事から発掘された水田です。よく探したなーと思います。長い時間軸を解きほぐして見つけ出すのは大変なエネルギーがいるものと思われます。凄いの一言でした。
by kozosanndasu | 2011-11-12 15:59 | 大阪 | Comments(4)

あらかんの日常生活


by kozosanndasu